活動アルバム

平成24年度 通常総会・講演・懇親会

平成24年度 通常総会・講演・懇親会

コメントは受け付けていません。

平成24年度 通常総会・講演・懇親会が開催されました。

愛媛県情報サービス産業協議会 会長 赤松民康 氏

昨年は20周年の年であったが、震災の影響で周年事業が充分できなかった気持です。20年経って私達が会員の皆様と共に、愛媛県の為に何ができるのか問い直す時期ではないか。退会された企業、新しく入られた企業、いろいろな形で情報産業と言 う一括りに包含されるが、まだ仲間になっていない企業も多く有り、魅力ある会として運営して行きたいのでご協力をお願いしたいと挨拶。また、6月6日より開催されるCOMPUTEX台北2012(台北国際コンピュータ見本市)見学を今年度の出発の事業としたいと話された。(7社参加、徳島県情報産業協会と共催事業)

愛媛県経済労働部産業支援局 局長 川上敏寛 氏

来賓紹介の後、来賓を代表してご挨拶。日頃は県政の推進にご理解とご協力をいただき、また、県内の情報産業の振興にご尽力をいただき感謝いたしております。IT技術の発達は目覚ましく、端末さえあれば何時でも何処でも情報発信ができ、ユビキタスの時代に入ったのではないか。IT技術の発展で首都圏と地方の距離が縮まり、クラウドの活用・IT基盤が成熟してきてビジネスチャンスは拡がっており、知事は県内技術の売込み、マッチングなどのトップセールスを行っています。IT活用の新しい産業の創出、他産業の効率化にご支援・ご尽力を。

愛媛県情報サービス産業協議会 事務局長 中谷恭治 氏

第1号議案「平成23年度事業報告」から第3号議案「平成24年度事業計画及び予算(案)」までを説明、満場一致で承認された。
(会員数40社⇒総会出席及び委任状 合計25名)

 

公益財団法人えひめ産業振興財団企画情報課 課長 有田秀司 氏

「平成24度高度IT人材創出・育成研修」について、4分野(総合・ソフトウェア開発・ネットワーク・情報セキュリティ)今年度は、ニーズの高いクラウドの活用、スマートフォン対応のプログラム作成などを追加。県の補助を得て、急速な高度化・複雑化に対応する実務とスキルアップに繋がるカリキュラムを用意と講座概要等を説明し、積極的な参加活用を呼びかけた。
問い合わせ先:公益財団法人えひめ産業振興財団 企画情報課 089-960-1110 http://www.ehime-iinet.or.jp

河原電子ビジネス専門学校 デジタル工学科教師 佐伯淳 氏
(WRO Japan in EHIME 実行委員会)

2008年より開催の中四国大会の代表は全国大会の上位に入り、高評価を得ていたが、昨年は日本代表となった八幡浜工業高校が世界大会において優勝することができた。(指導者の協力と皆様方ご支援→近場で開催できる予選会の賜物)また、WRO Japan in EHIME 2012の開催について説明し、積極的な参加・ご協力をお願い。(32ケ国、13,000チームの参加)
問い合わせ先:WRO Japan in EHIME 実行委員会 事務局 
089-931-8555 http://www.wroj-ehime.org/

講演内容

平成11年2月に設立(ハイテク犯罪対策室2名)され、その後、サイバー犯罪対策室5名→7名)となり、今年4月より14名体制に増員/拡充された(→全国的)。日本の中で唯一の無法地帯と言われるネットワーク空間(サーバ空間)の浄化なくして治安の向上なし!...一般の治安が守れるか! サイバー対策室の仕事は、犯罪の捜査・相談の受理・対策広報/啓発活動などがあり、愛媛県ネットワーク防犯連絡協議会と連携し、一般企業の協力も得て、対策を進めている。
サイバー犯罪とは、コンピュータ技術及び電気通信技術を悪用した犯罪のことで、形態として 1.コンピュータまたは電磁的記録を対象とした犯罪 2.ネットワーク利用犯罪 3.不正アクセス禁止法違反があり、年々、増加傾向(インターネット利用のすそ野の拡がり→年齢、携帯スマートフォン、ゲーム機他)。愛媛県の具体的検挙事例として、1.ファイル共有ソフト利用の著作権法違反事件 2.インターネットオークション利用の商標法違反事件 3.インターネットオークション利用の著作権法違反事件が有る。今年、法改正が有り、検挙数も平成22年35名、平成23年60名と上昇。犯罪の傾向は、犯行の組織化高度化愉快犯から経済犯へ、児童の性的被害に係る犯罪の増加など。
警察からのお願い→違法有害情報は「インターネット・ホットラインセンター」へ(http://www.internethotline.jp/)

愛媛県警察本部 生活安全部生活環境課 サイバー犯罪対策室
犯罪対策上席係長 杉野昇 氏

「サイバー犯罪の現状と対策2012」の演題で講演。
下記のホームページより、「愛媛県サイバー犯罪対策室」へ。
愛媛県ネットワーク防犯連絡協議会HPを参照。

懇親会は、赤松民康会長のこの1年間、会員の皆様に有意義な情報の提供、勉強会の開催を実施して参りますので、会員様は積極的な参加をして、当会を盛り上げて欲しいとの挨拶で開会。

乾杯は、愛媛県企画振興部地域振興局情報政策課 主幹 井上敬之 氏 の東日本大震災発生以来、絆がキーワード。 当会の皆様の絆が一層深まりますようにとのご挨拶、音頭発生。

新会員 、株式会社アイムービック 代表取締役 森本 健一郎 氏が紹介され、ホーページの制作を中心に仕事をしています。これから、愛媛のために頑張って行きたいとご挨拶。

名刺交換、談話など和やかな雰囲気の懇親会場の様子。

 

懇親会は、愛媛県情報サービス産業協議会 副会長 山内博司 氏の力強い一本締で中締となった。

 
議事録
日 時 平成24年4月17日(火)14:00~17:15
場 所 大和屋本店 (松山市道後湯之町20-8)
<総会>
  1. 開  会
     ○愛媛県情報サービス産業協議会 井出康弘(セミナー企画委員会委員長)氏の司会で開会。
  2. 会長挨拶
     ○愛媛県情報サービス産業協議会 会長 赤松 民康 氏
  3. 来賓挨拶
     ○愛媛県経済労働部産業支援局 局長 川上 敏寛 氏
    (来賓)
     ・四国経済産業局地域経済部 部長 鈴木 晴光 氏
     ・四国総合通信局情報通信部 部長 近藤 信行 氏
     ・愛媛県経済労働部産業支援局産業創出課 課長 田中 英樹 氏
     ・愛媛県企画振興部地域振興局情報政策課 主幹 井上 敬之 氏
  4. 議案審議
     赤松民康会長が議長を務め、事務局長の中谷恭治氏が議案内容を説明し、審議。
     ・第1号議案 平成23年度事業報告
     ・第2号議案 平成23年度収支決算(案) ・会計監査報告

     ・第3号議案 平成24年度事業計画および予算(案)
     ・その他
      その他議案なし、第1号議案から第3号議案まで満場一致で承認。
  5. 閉  会
<告 知>
  1. 平成24年度 高度IT人材創出・育成研修のご案内
     ○公益財団法人えひめ産業振興財団 企画情報課 課長 有田 秀司 氏
  2. WRO Japan in EHIME 2012 開催のご案内
     ○WRO Japan in EHIME 実行委員会
      河原電子ビジネス専門学校 デジタル工学科教師 佐伯 淳 氏
<講 演> 「サイバー犯罪の現状と対策2012」
 ○愛媛県警察本部 生活安全部生活環境課 サイバー犯罪対策室
  犯罪対策上席係長 杉野 昇 氏
<懇親会>
  1. 挨  拶
     ○愛媛県情報サービス産業協議会 会長 赤松 民康 氏
  2. 乾  杯
     ○愛媛県企画振興部地域振興局情報政策課 主幹 井上 敬之 氏
  3. 懇  談
  4. 中  締
     ○愛媛県情報サービス産業協議会 副会長 山内 博司 氏
愛媛県情報サービス産業協議会 事務局
〒791-1102 松山市来住町1239番地  (株)ユイ・システム工房内
TEL 089-970-8010 / FAX 089-970-8080 

Back to Top